企業·IR情報CSRへの取り組み

バリアフリー

2006年12月に施行された「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(通称「バリアフリー新法」)に基づき、お年寄りや体の不自由なお客様などが容易に移動できるよう、車両や設備の改良を進めています。

超低床車両の導入

電停からノンステップで乗り降りできる超低床車両の増備に努め、お年寄りや車いすのお客様、ベビーカーをお連れのお客様にとって乗降にかかる負担を軽減しています。
1999年から2002年にかけて、「5000形グリーンムーバー」をドイツから計12編成導入しました。この超低床車両が多くのお客様からご好評をいただき、社会的に見ても公共交通機関の「都市の装置」として、バリアフリー化の進む都市づくりに欠かせない重要な役割を担うことになりました。2005年から2008年には、国産初の完全超低床車両「5100形グリーンムーバーマックス」を計10編成導入し、広島の路面電車の顔として活躍しています。
2013年にはワンマン仕様の1000形を2両導入し、全ての路線で超低床車両が運行されることとなりました。

1000形

1000形

グリーンムーバーマックス乗降風景

グリーンムーバーマックス乗降風景

車いす・ベビーカースペース・補助ステップの設置

超低床車両の車掌台付近に車いす・ベビーカースペースを設け、車いすのお客様やベビーカーをお連れのお客様の車内での快適性を向上させています。
在来車には入口と出口の段差に補助ステップを設置し、お年寄りや小さなお子様でも乗り降りしやすいように工夫しています。

車いすスペース

車いすスペース

補助ステップ

補助ステップ

駅・電停の改良

電停の通路幅を1.5m以上に拡幅したり、スロープ勾配を5.0%以下と緩やかにするなど、車いすのお客様でも安全に電停内を移動できるようにしています。同時に電停のマウンドアップを行い、超低床車両の床面の高さにホーム高をあわせ、乗降の際の負担を低減させています。
あわせて視覚障害者誘導ブロックの設置やスロープの手すりに点字シートを掲示したりと、目の不自由なお客様にも電停を安心してご利用いただけるよう配慮しています。
今後も道路管理者と協議を重ね、バリアフリー対応電停の拡充を図っていきます。

<バリアフリー対応電停一覧>

路線名 電停名
本線 紙屋町東、紙屋町西、原爆ドーム前、十日市町、土橋、広電西広島
宇品線 本通、市役所前、鷹野橋、元宇品口、広島港
横川線 十日市町、寺町、別院前、横川一丁目、横川駅
本通電停

本通電停

点字プレート

点字プレート

介護者・幼児の運賃改定

2006年1月より、第1種身体障害者および12歳未満の第2種身体障害者が介護者同伴でご乗車される場合は、介護者の運賃を2人まで無料としました。あわせて、大人または小児が幼児を連れてご乗車される場合は幼児の運賃を3人まで無料としました。
このような制度改正を実施し、施設面のみならずソフト面でのバリアフリー化も実現しています。