企業·IR情報会社概要

沿革

明治43年
(1910年)
6月 広島電気軌道株式会社 設立 資本金300万円
大正 元年
(1912年)
11月 創業(軌道線開業)
6年
(1917年)
7月 広島瓦斯電軌株式会社 設立(広島瓦斯会社と合併) 資本金600万円
昭和  6年
(1931年)
2月 宮島線全線開通
13年
(1938年)
2月 広島乗合自動車株式会社を合併、自動車部創設
16年
(1941年)
8月 広島郊外自動車株式会社を合併
17年
(1942年)
4月 広島電鉄株式会社 設立(広島瓦斯電軌株式会社より交通事業を分離) 資本金750万円
18年
(1943年)
4月 政府のバス事業統合方針に基づき、三段峡自動車(株)他6社合併
20年
(1945年)
8月 広島に原子爆弾投下 市内電車・市内バス全線不通
市内電車 己斐~西天満間復旧運転開始、以下順次各線復旧
23年
(1948年)
12月 市内電車白島線を除き全線復旧
24年
(1949年)
6月 広島証券取引所上場
27年
(1952年)
6月 市内電車白島線 新線により営業開始
29年
(1954年)
6月 広電観光株式会社(現連結子会社) 設立
31年
(1956年)
2月 中国観光株式会社 買収
8月 広島観光開発株式会社(現連結子会社) 設立
32年
(1957年)
6月 広島観光汽船株式会社 設立
33年
(1958年)
3月 宮島松大観光船有限会社(現 宮島松大汽船株式会社)へ資本参加
35年
(1960年)
3月 広電興産株式会社(現 株式会社広電ストア) 設立
36年
(1961年)
2月 広電不動産株式会社(現連結子会社) 設立
6月 有限会社やまとタクシーへ資本参加
37年
(1962年)
11月 備北交通株式会社(現連結子会社)へ資本参加
38年
(1963年)
4月 広電タクシー株式会社(現 広電興産株式会社) 設立
40年
(1965年)
10月 株式会社広電宮島ガーデン(現連結子会社) 設立
44年
(1969年)
7月 不動産部 新設(不動産事業開業)
45年
(1970年)
5月 株式会社広電プラザ(現 株式会社ヒロデンプラザ) 設立
46年
(1971年)
4月 広電住宅産業株式会社(現 広電建設株式会社) 設立
48年
(1973年)
2月 株式会社ホテルニューヒロデン(現連結子会社) 設立
53年
(1978年)
12月 広電住宅産業株式会社 広電建設株式会社(現連結子会社)に商号変更
57年
(1982年)
6月 広電興産株式会社 株式会社広電ストア(現連結子会社)に商号変更
平成  3年
(1991年)
4月 株式会社グリーンバーズ・ヒロデン(現連結子会社) 設立
7年
(1995年)
10月 株式会社広電プラザ 株式会社ヒロデンプラザ(現連結子会社)に商号変更
9年
(1997年)
4月 貸切自動車部 廃止
12月 広電タクシー株式会社 自動車運送事業を譲渡し、広電興産株式会社(現連結子会社)に商号変更
11年
(1999年)
1月 エイチ・ディー西広島株式会社(現連結子会社) 設立
3月 株式会社交通会館(現連結子会社) 設立
超低床車両5000形「グリーンムーバー」を導入
12年
(2000年)
3月 東京証券取引市場第二部上場
14年
(2002年)
12月 ひろでん中国新聞旅行株式会社 設立
15年
(2003年)
10月 ひろでん中国新聞旅行株式会社 広電観光株式会社の旅行部門、株式会社中国新聞トラベル・サービスを合併・統合
16年
(2004年)
6月 宮島松大観光船有限会社 株式会社に移行し、宮島松大汽船株式会社(現連結子会社)に商号変更
17年
(2005年)
3月 国産初の完全超低床車両5100形「グリーンムーバーマックス」を導入
20年
(2008年)
1月 広島県交通系ICカード「PASPY」(パスピー)を導入
24年
(2012年)
3月 芸陽バス株式会社(現連結子会社)の株式を追加取得し、子会社化
4月 呉市交通局の廃止により、バス事業を承継し、呉市域の運行を開始
25年
(2013年)
4月 広電不動産株式会社を吸収合併
26年
(2014年)
4月 広電観光株式会社 広電エアサポート株式会社(現連結子会社)に商号変更
28年
(2016年)
4月 広電興産株式会社を吸収合併