バス情報お知らせ

 

八丁堀(ヤマダ電機前)バス停:バス停集約と新たな乗降ルールの本格実施について

2017.1.27掲載

平成28年11月6日(日)より、広島電鉄および広島バスの共同で、八丁堀(ヤマダ電機前)バス停において、「バス停集約」と「新たな乗降ルール導入」の社会実験を実施しております。

社会実験の結果、想定された効果が確認できたため、「バス停集約」と「新たな乗降ルール導入」を平成29年2月4日(土)より本格実施します。

八丁堀(ヤマダ電機前)バス停のご利用方法について

社会実験の結果について

確認できた効果

【バス停の分かりやすさ向上】

乗降場所が1か所となり、当バス停を初めて利用される方でもどこから乗車するか分かりやすくなる。

【バス停への正着率向上】

バスは到着順にバス停を使用するため、歩道に隙間なく停車できるようになり、バリアフリーでどなたでも乗降しやすくなる。

【バス停での接触事故防止】

バス停到着時および発車時にバス同士の追い越しがなくなり、一般車との接触事故の危険性が低減する。


確認された課題点 バス停利用者アンケートより

バス停の集約により、バスを待つお客様が1か所に集中したため、どのように並べば良いか分からない。

乗車の位置が分かりづらい。バスの停車位置にバラつきがある。

バスロケーション表示機がのりばとして使用している11番に無く、10番にあるため、不便である。


【課題点に対する対応について】

バス待ち列のラインの施工を予定しています。

バスロケーション表示機の移設(10番→11番のりば)を平成29年2月に予定しています。

お問い合わせ

  • 仁保営業課
082-242-3575