電車情報車両の紹介

単車

100形(通称:大正形電車)

100形車両イメージ
製造年 1925年(1984年更新)
両数 1両
定員(座席数) 46人(26人)
自重 9.7t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 8,540mm×2,310mm×3,883mm
車体製造所 大阪車両工業

1984年の広島県観光キャンペーン(SunSunひろしま)のため、150形を改造し1912年(大正元年)開業時の100形電車を再現したレトロな車両です。車体前後の救助網や人力ブレーキ用ハンドル、トロリーポールなどが装飾として取り付けてあり、通称「大正形電車」と呼ばれています。

レトロ電車の運行予定

150形

150形車両イメージ
製造年 1925年
両数 1両
定員(座席数) 42人(18人)
自重 10.3t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 9,069mm×2,400mm×3,888mm
車体製造所 梅鉢鉄工所

在籍する156号は1971年に廃車となった車両ですが、1987年に復籍しました。原爆投下時は江波付近に留置されており、中破の被害を受けている被爆電車です。(現在は営業運転しておりません。)

200形(通称:ハノーバー電車)

200形車両イメージ
製造年 1928年
両数 1両
定員(座席数) 46人(24人)
自重 10.1t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 11,100mm×2,280mm×3,750mm
車体製造所 デュワグ(西ドイツ)

1988年に姉妹都市提携5周年を記念して広島市からハノーバー市へ組み立て式の茶室を贈呈した返礼として、翌年1989年にハノーバー市から広島市へこの電車が寄贈されました。通称「ハノーバー電車」と呼ばれています。

レトロ電車の運行予定

350形

350形車両イメージ
製造年 1958年
両数 3両
定員(座席数) 80人(36人)
自重 16.3t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 12,000mm×2,440mm×4,186mm
車体製造所 ナニワ工機

宮島線直通運転に対応した電車で、団体輸送や宮島初詣輸送などで活躍しました。現在では市内線運転士養成の訓練車としても使用されています。

570形

570形車両イメージ
製造年 1926年(1960年改造)
両数 1両
定員(座席数) 88人(42人)
自重 16.6t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 13,410mm×2,375mm×3,777mm
車体製造所 大阪車両工業

1971年に神戸市電が廃止になったのにあわせ、神戸市交通局より購入しました。578号はサンフランシスコ市のトロリーフェスティバルのため1986年に同市に贈呈されました。現在は582号のみが在籍しており、選挙期間にはキャンペーン花電車として市内を走っています。

600形

600形車両イメージ
製造年 1948年
両数 1両
定員(座席数) 80人(40人)
自重 17.9t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 13,620mm×2,400mm×3,950mm
車体製造所 汽車製造

1975年の西鉄北九州市内線廃止に伴い、1976年に西日本鉄道株式会社より購入しました。スマートな車体と赤い塗装がひときわ目を引く車両です。現在は602号の1両のみが、主に朝のラッシュ時に6・7・8号線で運行されています。

650形

650形車両イメージ
製造年 1942年
両数 3両
定員(座席数) 80人(32人)
自重 16.2t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 12,380mm×2,438mm×3,839mm
車体製造所 木南車両

「被爆電車」として全国的に有名な広電生え抜きの車両です。当初5両が製造されましたが、現在は651号と652号の2両が、主に朝夕のラッシュ時に1・3・5号線で運行されています。2006年のダイヤ改正で引退した654号は広島市交通科学館で展示されています。路面電車は、被爆後、悲しみにくれる広島の街を走り、市民を大いに勇気づけた“ヒロシマ復興のシンボル”と言われています。

700形

700形車両イメージ
製造年 1982年・83年・85年
両数 11両
定員(座席数) 91人(37人)
自重 20.0t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 13,500mm×2,450mm×3,990mm
車体製造所 アルナ工機

従来とは一線を画した軌道用車両で、24年ぶりに新造されました。2012年までは、七夕シーズンに幼稚園児が車内を飾り付け、「ひこぼし号」「おりひめ号」として運行されていました。

750形

750形車両イメージ
製造年 1940年・50年
両数 2両
定員(座席数) 94人(40人)
自重 18.0t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 13,700mm×2,480mm×3,845mm・3,840mm
車体製造所 木南車両、富士車両

1969年に大阪市電が廃止となるのを受け、1965年から1968年にかけて大阪市交通局から購入しました。路面電車としては大型で、新造車に替わるまでは主力として活躍しました。766号はテレビドラマ「西部警察」の撮影で、広電宮島口駅構内で爆破され話題になりました。

800形

800形車両イメージ
製造年 1983年・87年・90年・92年・97年
両数 14両
定員(座席数) 91人・69人(37人)
自重 21.0t・21.3t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 13,500mm・13,680mm×2,450mm×3,820mm
車体製造所 アルナ工機

当時最新の技術を採り入れた軌道用車両です。3500形をモデルに省エネ・低騒音・乗り心地の向上を目指して製造されました。単車として唯一、回生ブレーキを備えています。

900形

900形車両イメージ
製造年 1957年
両数 7両
定員(座席数) 80人(36人)
自重 16.5t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 12,480mm×2,469mm×4,024mm
車体製造所 大阪車両工業

1969年に大阪市交通局から購入しました。750形同様、ベージュとエビ茶のツートンカラーで、頑丈なバンパーが特徴です。広電初のワンマン車として白島線を試験的に走りました。1970年代に広島を訪れた元大阪市電の運転士は、この電車が現役で活躍しているのを見て涙したそうです。

1150形

1150形車両イメージ
製造年 1956年
両数 1両
定員(座席数) 80人(36人)
自重 16.45t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 12,700mm×2,438mm×3,655mm
車体製造所 川崎車両

1971年に神戸市交通局から購入しました。前面が絞り込まれた流線型のスマートな車体です。現在は1156号のみが運行されており、ハノーバー市電を模し、車体に動物を描いたカラフルな塗装になっています。

1900形

1900形車両イメージ
製造年 1957年
両数 15両
定員(座席数) 85人(36人)
自重 18.5t・18.51t・18.61t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 12,880mm×2,440mm×3,814mm・3,815mm
車体製造所 ナニワ工機

1978年に京都市電が廃止となったのを受け、京都市交通局から購入しました。屋根の両サイドに取り付けられた前照灯と車体中央のオレンジのラインが特徴です。各車両に京都にちなんだ愛称を募集したところ、約9,000通にのぼる応募があり、それぞれ以下の名前が付けられました。
1901号「東山」、1902号「桃山」、1903号「舞妓」、1904号「かも川」、1905号「比叡」、1906号「西陣」、1907号「銀閣」、1908号「あらし山」、1909号「清水」、1910号「金閣」、1911号「祇園」、1912号「大文字」、1913号「嵯峨野」、1914号「平安」、1915号「鞍馬」

貨50形

貨50形車両イメージ
製造年 1929年
両数 1両
自重 12.8t
最大寸法(長さ×幅×高さ) 13,710mm×2,460mm×3,877mm
車体製造所 藤永田造船所・梅鉢鉄工所

1965年に大阪市交通局から購入した750形を無蓋貨車に改造しました。1979年、広島東洋カープのセ・リーグ優勝の際には鯉のぼりを飾り付けて市内を走り、カープファンを大いに喜ばせました。現在は秋の全国交通安全運動の期間等に花電車として運行されています。